ムダ処理を色々試して、やっと合う方法にたどり着けました。

ムダ毛に気が付いたのは、高校生だった15歳くらいの頃でした。

一番気になったのは、脇の下です。

最初はあまり目立たず放置していたのですが、「プールの授業で脇の下に毛があったら、みんなに笑われてしまう」と思い、毛の処理を試みました。

悩んだ末まずはカミソリで剃ってみることにしました。

お風呂場で体を洗ったあと、石鹸をつけて剃ってみたのですが、なんだかヒリヒリしてしまいました。

それに、剃り残しが気になり、手で触ると剃ってすぐなのにザラザラするし、次の日には見た目でもわかるくらいポツポツと毛が生えているのがわかり、思春期の私は「とにかく周りに知られてはならない」と焦ってしまいました。

また、そのころから制汗剤を脇の下につけていたのですが、カミソリに負けてビリビリとしみてしまい、カミソリの使用をやめました。

次に試したのは、脱毛クリームです。

やはりお風呂場で、付属の専用のヘラを使いクリームを脇に塗り、数分おいてからそのヘラで丁寧に毛を処理していきました。

脱毛クリームだけあって、カミソリよりはずっとキレイに毛を処理できましたが、ヘラで脇の下をなぞっているうちにやはりヒリヒリと痛みが出てきてしまいました。

痛みが出るばかりでなく、お風呂場でクリームを塗ってからしばらく待たなければならないことにもウンザリしてしまい、また別の方法を考えることにしました。

そして、考えた結果、毛抜きで抜いてしまうことにしました。

毛抜きで抜けば、根本からキレイに処理できるし、新しい毛も生えづらいだろうと思い、痛いのを覚悟で毛抜きを使いました。

ところが想像以上に痛くて痛くて、数本は我慢して抜きましたが、どうにも痛みに耐えられず、ギブアップしてしまいました。

そこで悩んだ末、今まで試した中でも一番楽だったカミソリを再度使ってみることにしました。

前は安いカミソリを使ったのですが、今度は少し値の張るメーカー品のカミソリで試してみました。

すると、予想以上にキレイに剃れ、ヒリヒリ感もあまり気になりませんでした。

ムダ毛が気になりだしてからだいぶ年数が経ちますが、それからずっとカミソリで処理し続けています。

娘がいる私のムダ毛の処理方法について、とことん解説するよ

私は他の人よりもムダ毛が濃く、コンプレックスがあります。

自分のムダ毛が濃いのかもと思い始めたのは、小学校高学年の頃です。

高学年頃になると好きな男の子が出来たり、女の子同士でも可愛さなどを競うようなことが出てきます。

ちょうどその頃に私は他の子よりも腕や足の毛がたくさんあるなと思い始めました。

お風呂の時に母親がカミソリでワキのムダ毛の処理をしているのを見て、自分も剃りたいと思うようになりました。

中学校に入る頃、母親にムダ毛の処理をしたいと相談しました。

初めてカミソリで処理した時痛くないのか、とても緊張したのを覚えています。

慣れてきた頃に刃の数が多いものや刃の周りにソープがついているものなど色々と試しましたが、4枚刃のものに落ち着きました。

他には毛抜きや除毛クリームを使ったりもしました。

除毛クリームは匂いがきつく、刺激も強くて肌がピリピリしてしまって一度使ってやめました。

毛抜きは指のムダ毛や眉毛を抜くのに使っています。

現在20代後半になり結婚や出産をしましたが、相変わらずカミソリでの自己処理をしています。

結婚すると自分のことにお金を使うのが気が引けるので、今考えると独身の間にサロンできちんと脱毛しておけば良かったなと思います。

妊娠してからは敏感肌になってしまったので、頻繁にカミソリでの処理をすると肌が傷んでしまいます。

そのため長袖の間はムダ毛を生やしっぱなしにしていることが多く、主人にどう思われているのか気になっています。

また出産時に思ったのがVIOの脱毛をしておくべきだったということです。

先生が男性だったので検診の度に気になりました。

実際はそんなことはないそうなのですが、カミソリを使うことでムダ毛が濃く太くなった気もします。

長年剃り続けることで生えてこなくなった部分もありますが、それでも毛穴は目立ってしまっています。

毛が埋もれてしまったりもするのでお金はかかりますがきちんとサロンで脱毛することが望ましいなと思います。

娘がいるのでいつか私と同じようにムダ毛のことで悩むようになったら、これらの経験を踏まえて色々アドバイスしてあげたいです。

中学時代からのコンプレックスを脱毛サロンで解消できた

中学生くらいになると、自分のルックスを周りの子たちと比べてコンプレックスを持つものです。

私もこれくらいの時期に周りの可愛い女の子たちと比較し、自分のムダ毛に強い劣等感を持つようになりました。

中でも私が特に強い劣等感を持っていたのが、ワキのムダ毛です。夏になると制服が薄着になり、半袖の隙間からちらちらとワキが見えてしまいます。

周りの子たちはいつもワキの処理が行き届いていて綺麗なのに、私のワキはムダ毛が濃く、服の隙間から見えるのがとても嫌でした。

この頃はワキのムダ毛は毛抜きで抜いて処理していました。シェーバーを使っても上手に処理出来ないという理由で毛抜きで処理していたわけですが、ワキのムダ毛を毛抜きで処理するのはとても大変です。

きちんと処理が行き届かないことも多かったし、毛抜きで処理したせいで毛穴がぶつぶつになってしまうという失敗ばかりでした。

私が大学生になった頃、世間では脱毛サロンがメジャーになってきていて、友人の中にも数名脱毛サロンを利用してムダ毛処理をする子がいました。

中にはワキの脱毛を行った子もいて、夏でも堂々とノースリーブの服を着てキラキラしている様がとてもうらやましく感じたものです。

私もこの頃から脱毛サロンを利用したいと考えるようになりましたが、当時はまだ両ワキ脱毛でも数万円かかるサロンが多く、金銭的な理由でなかなか踏み出せずにいました。

それから数年経ち、脱毛サロンの両ワキ脱毛は劇的に低価格で利用出来るようになりました。

私も大学を卒業して自分でお金を稼げるようになり、やっと念願の脱毛サロンデビューを果たすことが出来ました。

友達が通っていたサロンを利用することにしたので、安心して脱毛を受けられたのも良かったです。

30代前半の私がミュゼプラチナムを選ぶに至った過程を紹介します

私は小さい頃から比較的ムダ毛が濃い方だったのですが、よりそれを意識しだしたのは小学校5~6年生の頃でした。ひじから下の部分は特に目につきやすいですし、ワキにも毛が生えてきたからです。

その後中学生の頃から夏のムダ毛処理は欠かせなくなりました。しかし当時はどういう方法で処理したらいいかもよく分からず、母親が買っていた除毛クリームやカミソリを使っていました。

しかし面倒な上肌が荒れることもあったので、なんとなく「永久脱毛」という響きに憧れは持っていました。

それでもその頃は今ほど脱毛サロンが多くなかったので、高校生の頃まではまだエステや脱毛サロンに縁はありませんでした。それまで通り、自己処理を地道に続けていた訳です。

高校の頃は中学時代と違い学校で水泳の授業がなかったので、やや手間が省けたという理由もありました。

しかし私自身が成人して社会人になり、法的にも経済的にも自由が広がった頃から脱毛サロンがどんどん増え始め価格もリーズナブルになっていきました。

それまでの私のイメージでは「高い」や「痛い」、「勧誘がしつこい」が定番で、永久脱毛に憧れを持ちながらも実行できなかった要因になっていました。

インターネットが爆発的に普及して情報収集が簡単になったこともあり、ネットで見つけて良さそうに思えたミュゼプラチナムに通うことにしました。

やはり初めて通う時は不安や疑問もありますし、ネットでの口コミ情報などはサロンを決めるのに大きな決め手になりました。

剛毛に悩むなら、一歩だけでも踏み出してみましょうってか

ムダ毛を気にするようになったのは小学校5年生の時でした。

毛が太いからか全体のどの箇所も目立ってしまいこまめに処理はしていましたが面倒だし処理しても気になるし本当に嫌で、その頃から強いコンプレックスを持っていました。

小中高と自分で処理するだけでしたが大学生になりサロンでの脱毛に興味を持ち始めます。

しかし大学生だった為あるのはアルバイトの収入だけ。

『ワキ脱毛○○円』といった安価な値段に何回も行こうかと迷いましたがきっとそれだけでは済まないはず、もっとお金もかかるだろうから・・と結局その時は通うことはありませんでした。

次にサロンへ通うことを考えたのは社会人になってからでした。

結婚することになり 結婚式でドレスを着るのにムダ毛がどうしても気になったからです。

働くようになったのでそれなりに資金もある、それに一回しかない結婚式でムダ毛を気にせずドレスが着たい!!

その思いからサロンに通うことに決めました。

サロンを決めたポイントは通いやすいか、大手か、金額は手頃かを重視しました。

通うのは初めてだった為、肌トラブルや高額の契約をさせられるのではという心配もあり安価でも名前を聞いたことがないサロンは避け、エピレに通うことにしました。

私は全身脱毛はしなかったのですが当時のキャンペーンを適応させたりとワキ脱毛重視で3万程で契約できました。

エピレは契約したサロンでなくとも、別の店舗でも予約がとれれば施術をしてもらえるので通うのも楽です。

脱毛は光を使ったもので、毛が太い所は少し熱いと感じることもありましたが痛みはなく肌トラブルもありませんでした。

また、回数で契約するのですが1回分をワキ以外のところに使うことも出来るので気になるところに使えたりと契約後も自分で色々内容をアレンジ出来るので良かったです。

サロンに通うのは初めてだったので、本当に色々迷いましたし不安もありました。

けれど通ったお陰で余計な事を気にせず結婚式に臨む事が出来、行って良かったなと思っています。

高額なものですし不安もあるでしょう。また、それなりに勧誘もあります。

けれどきちんと話ができれば大丈夫です、不安な方は疑問点を書き出してサロンに行ってみると良いですよ。

ブタを呼ばれ続けていた私の脱毛への道を紹介するよ

中学校で修学旅行へ行ったあたりから、お風呂等で普段見えない脇などの部分も友人と比べることができ、「人より毛が濃いかも、多いかも」と思うようになりました。

その頃から自分で剃り始めましたが、全然きれいに剃ることができないこと、量を減らすことは自分ではできないこと、剃ったり抜いたりすることがいいことなのかわからず悩んでいました。

高校生になると化粧など他の美容の事に目が行き、あまり気にしていませんでしたが、大学生になると男性からの目が気になるのか、周囲の友人が脱毛サロンに通うようになったため、私も真剣に通うことを考え始めました。

また、脱毛サロンのキャンペーン等で友人達はとても格安で始められているようでした。

しかし、脱毛サロンで働く友人達に相談すると、サロンは安いけど何回も通わないといけないし、エステ等その他の勧誘も多いし、医療クリニックの方がきれいになると思うよ、と言われたのでさらに悩み調べましたが、金額がとても高く「すぐにやってみよう」という気持ちですぐに通い始めることはできませんでした。

社会人になって身だしなみを整えようという思いと、周囲は通い終えている友人も多かったので、さすがに通っていないことは恥ずかしいと思って「湘南美容外科」へ通うようになりました。

決めた理由は、前述の働く友人の意見と、周囲より通い始める時期が遅かったので早く終わらせたいという気持ち、お金に余裕ができたことから、医療脱毛クリニックを選びました。